一日も早い生活再建へ

真心の支援を呼び掛ける伊藤県代表(左から2人目)ら=5日 名古屋市

党愛知県本部 台風被害で募金に協力

「令和元年台風15号千葉県災害被災者を支援する愛知県民の会」(荒木清寛会長)は5日、名古屋駅前で街頭募金を行った。公明党愛知県本部の伊藤渉代表(衆院議員)や、里見隆治、新妻秀規、安江伸夫の各参院議員と市議らも参加し、通行人らに協力を求めた。

伊藤県代表は、台風15号による暴風雨で約3万5000棟の住宅が被害を受けたことなど被災地の窮状を力説。「本格的な復旧はこれから。一日も早い生活再建へ、皆さまのご協力を」と真心の支援を呼び掛けた。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p41765/

台風15号千葉県災害被災者の救援募金

真心の支援を呼び掛ける伊藤県代表(左から2人目)ら=5日 名古屋市

関連記事

  1. 県衛生事業協同組合から要望を受ける伊藤県代表(前列中央)、安江氏(右隣)ら=30日 名古屋市

    連携の力で課題解決

  2. 幼少期の安江のぶお

    愛知生まれ、愛知育ち

  3. 安江のぶお 新=愛知選挙区(定数4) 31歳。明日への挑戦。 庶民を守り抜く青年弁護士

    安江のぶお 新/愛知選挙区 定数4

  4. YASU-METERは、現在19,168

    YASU-METERは皆さんと結んだ絆

  5. 参院選の勝利へ絶大な支援を訴える(左から)安江、三浦の両氏=23日 名古屋市

    青年の力で壁を破ろう

  6. 街頭スケジュールの一覧表はLINEのメニューから

PAGE TOP