安江のぶお 新/愛知選挙区 定数4

安江のぶお 新=愛知選挙区(定数4) 31歳。明日への挑戦。 庶民を守り抜く青年弁護士

2019年参院選 選挙区の党予定候補
語り口と期待の声

31歳。明日への挑戦。

◎親族の金銭トラブルに巻き込まれた高齢者、DV(配偶者などからの暴力)や離婚問題で悩んでいたシングルマザーなど生活者の相談に迅速かつ的確に対応し、庶民を守り抜いてきた青年弁護士。

◎大学4年間は学生寮で1部屋10人の共同生活。奨学金を受け、苦労を重ねて弁護士に。「経済状況によって進路が左右されない社会」実現へ、給付型奨学金の拡充など教育負担の軽減を進めます。

◎多重債務を抱える経営者の事業再建など中小企業支援にも取り組んできました。これまで磨いた知見と31歳の若さを生かして、ものづくり産業や観光を活性化し、日本経済を元気にします。

【略歴】党青年局次長、同中小企業活性化対策本部事務局次長。弁護士。創価大学法科大学院修了。31歳

目の前の一人救う行動力
日本弁護士政治連盟愛知県支部支部長 纐纈和義氏

弁護士の使命は依頼者の人権を守り、社会正義を実現することです。その使命を胸に、目の前の一人を救おうと行動力を発揮してきた安江のぶおさんは政治の場でも活躍してくれると思います。

2011年に司法修習生への「給費制」が廃止されましたが、公明党の推進もあり、昨年、「修習給付金」制度ができました。政治が国を動かした例として評価すべきことです。苦学を重ねてきた安江さんには、こうした法曹養成制度の改革も進めてほしいものです。未来を担う若者の代表として、誠実な安江さんの活躍に期待しています。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p6550/

関連記事

  1. 各地でお会いした方々とのスライドショー

    安江のぶお【絆 ~大切な皆さんとの思い出~】 Vol.1

  2. 拙著『31歳。明日への挑戦。』

    政治評論家の森田実さんが私の本にレビューを書いて下さいました…

  3. 設楽町、東栄町、豊田市稲武地域を訪問

  4. 県衛生事業協同組合から要望を受ける伊藤県代表(前列中央)、安江氏(右隣)ら=30日 名古屋市

    連携の力で課題解決

  5. 安江のぶおのスマイルがいっぱい

    夜回り先生こと水谷修先生との対談内容や未成年後見人制度につい…

  6. 「安江のぶおのスマイルがいっぱい」(ヨヂカラの時間内で放送します)

    中学の同級生を交通事故で亡くした経験を東海ラジオでお話させて…

PAGE TOP