(第25回参院選)参院公明、最多28議席に

参院選の大勢が判明し記者会見する山口代表=21日深夜 党本部開票センター

7選挙区完勝、比例7/与党71議席。改選過半数を獲得

21日に投開票された第25回参議院議員選挙で、公明党は7選挙区で擁立した公認候補7人が全員当選し、比例区でも7議席を獲得する大勝利を飾った。合計で改選11から3増の14議席となり、2016年の前回選に引き続いて過去最多の選挙結果となった。

非改選議席と合わせた新勢力は28議席。1977年の参院選で達成して以来の過去最多議席に並んだ。参議院の総定数が77年当時(252)よりも少ない245であるため、議席占有率(11・4%)は結党以来、過去最高となる。

連立を組む自民党は57議席を獲得。自公の与党両党で、改選定数の過半数(63議席)を超える計71議席を確保した。非改選議席と合わせた議席数でも、与党は過半数(123議席)を上回る141議席となり、引き続き安定した政権運営の下、政治を前に進めていくこととなった。

公明党が挑んだ選挙区のうち、全国屈指の大激戦区となった兵庫選挙区(定数3)では、新人の高橋光男氏が執念の追い上げにより、50万3790票で2位当選した。公明の得票率は22・9%で、16年より0・7ポイント増えた。

福岡選挙区(定数3)では、新人の下野六太氏が40万1495票で2位当選。公明の得票率は16年比1・4ポイント増の22・8%を記録した。愛知選挙区(定数4)では、新人の安江伸夫氏が混戦を突破し、45万3246票で4位当選した。

埼玉選挙区(定数4)では現職の矢倉克夫氏が53万2302票、神奈川選挙区(定数4)では現職の佐々木さやかさんが61万5417票、大阪選挙区(定数4)では現職の杉久武氏が59万1664票をそれぞれ獲得し、いずれも3位で2期目の当選を果たした。東京選挙区(定数6)では現職の山口那津男氏が4期目に挑み、81万5445票で2位当選した。

比例区で公明党は、政党名と候補者名を合わせた得票総数で653万6336票を獲得した。投票率が大きく低下する中、得票率は前回の13・5%とほぼ同じ13・1%で、現職の山本香苗、山本博司、若松謙維、河野義博、新妻秀規、平木大作の各氏と新人の塩田博昭氏の計7人が当選した。=2面に公明党得票一覧

一方、野党は、立憲民主党が改選9から17議席に増やしたものの、共産党は1減の7議席、国民民主党は2減の6議席だった。日本維新の会は10議席、社民党は1議席、諸派のれいわ新選組は2議席、NHKから国民を守る党は1議席をそれぞれ得た。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p36264/

※改選議席は今回から定数3増(選挙区1増、比例区2増)。公示前勢力は欠員5 参院選の大勢が判明し記者会見する山口代表=21日深夜 党本部開票センター

(第25回参院選)参院公明、最多28議席に/7選挙区完勝、比例7/与党71議席。改選過半数を獲得

関連記事

  1. 安江のぶお候補(愛知選挙区)(中)の押し上げを訴える山口代表(左)、大村知事=15日 愛知・一宮市

    選挙区で“壁”破る大攻勢を

  2. 安江のぶお候補(愛知選挙区)(右)の必勝を訴える石井国交相=12日 名古屋市

    希望ある幸齢社会に

  3. 小さな声を、聴く力。|安江のぶお 2019年参院選 愛知選挙区候補

    小さな声を、聴く力。

  4. Aichi Asue Actionのアンケート

    アンケートの締め切りは11月18日です

  5. (人生丸ごと応援)公明党実績図鑑

    公明党のこれまでの歩み「(人生丸ごと応援)公明党実績図鑑」

  6. 安江氏(左)の後援会設立総会であいさつする魚住氏=3日 名古屋市

    愛知が経済発展リードを

PAGE TOP