日本をリードする 魅力ある愛知づくり

日本をリードする 魅力ある愛知づくり

東京の大学を卒業し、司法試験に合格後、生まれ育った愛知に貢献したいと、名古屋市の法律事務所に入所。「小さな声に寄り添う」ことを信条に、弁護士として1,000件以上の法律相談に携わり、愛知で暮らす人々の悩みや希望を肌で感じてきました。

“故郷・愛知”から日本の明るい未来を切り開きたい――。その思いは、日に日に増すばかりです。年々、航空旅客数が増加傾向にある中部国際空港。愛知が一段と日本の成長に貢献するために、機能強化に向けた2本目の滑走路の早期整備が今、求められています。

安江は、これから世界に誇る愛知づくりに挑んでいきます。リニア中央新幹線の開通やジブリパークの開業などに向けた観光振興、インフラ整備の後押しをし、地域経済の活性化と県民の皆さまの生活向上につなげてまいります!

(写真は、中村公園前の街頭演説会での安江)

日本をリードする 魅力ある愛知づくり

政策

 

関連記事

  1. 愛知県の蟹江町へ

    愛知県の蟹江町へ

  2. 稲津副大臣(左端)に要望する党青年局と学生局のメンバーら=8日 厚労省

    新型コロナ 就職・求職の不安軽く

  3. 交付金活用に知恵絞ろう/夏季議員研修会で団結を確認/党三重県本部

    交付金活用に知恵絞ろう

  4. 南知多町にご挨拶

    南知多町にご挨拶

  5. 体験交流施設で説明を受ける(左2人目から)新妻、伊藤、安江氏ら=1日 愛知・豊田市

    地方創生の課題を調査

  6. 小さな声聴く力発揮/愛知の2支部会で強調/安江氏

    小さな声聴く力発揮

PAGE TOP