学校の音環境、保全重要

安江政務官(右から3人目)に提言書を手渡す長谷川教授(右隣)ら=22日 文科省

早期に設備点検・整備進めよ 
安江政務官に大学教授ら

安江伸夫文部科学大臣政務官(公明党)は22日、文科省で宇都宮大学の長谷川光司教授らから、教育施設における音環境保全に関する政策提言を受けた。これには公明党の浮島智子、輿水恵一の両衆院議員、竹内真二参院議員が同席した。

長谷川教授は、公立小中学校の音響設備の老朽化や整備不良などが原因で「音環境における保全基準が推奨値を下回っている可能性がある」と指摘。その結果、教育現場で音が聞き取りにくかったり、児童生徒が心身の不調を訴えたりする事例もあるとして、教室や体育館、校庭にある音響設備の点検や整備を早期に実施するよう求めた。安江政務官は、提言を参考にしながら「(児童生徒にとって)より良い教育環境が図られるようにしていきたい」と述べた。

学校の音環境、保全重要/早期に設備点検・整備進めよ/安江政務官に大学教授ら

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p349473/

関連記事

  1. 大府市で公明党自民党の合同国政報告会を開催

    大府市で公明党自民党の合同国政報告会を開催

  2. 名古屋市中村区の支部会に参加

    名古屋市中村区の支部会に参加

  3. 書かない窓口

    「書かない窓口」を全国的に推進

  4. 新舞子ビーチフェスティバル花火大会

    新舞子ビーチフェスティバル花火大会に参加

  5. 伏見駅にてご挨拶

    伏見駅にてご挨拶

  6. 新春街頭で演説する模様

    決戦の年に勝利を誓う

PAGE TOP